So-net無料ブログ作成

ソムリエナイフの使い方 [ソムリエナイフの使い方]

ソムリエナイフの使い方




●キャップシールをはがす
 ワインが、キャップシールのアルミに触れないようにするために
 出っ張り部分の下を切ります。
 そして、手の甲を上にして半分から2/3程度カットします。
 赤ワインの場合は特に瓶を回転させてはいけません。

●残りの部分をカットする
 前の作業で2/3程度カットした残りの部分を手を裏返し(手の平を上)、
 同じように瓶を回転させずにカットします。
 これはワインの中の澱が混ざらないようにするためです。

●キャップをはずす
 上部に切り込みを入れて、キャップを取りやすくする。
 コルクとボトルの口の部分にカビや汚れが付いている時は、
 布できれいに拭き取ります。
 これは保存状態が良好であったことの証拠です。
 ※デキャンタージュをするときは、キャップシールは
  全て最初に切り取ります。


●スクリューを差し込む
 コルクスクリューの中心に、コルクの真中が来るように
 垂直に差し込みます。コルクを抜いたときに、
 上部以外にキズが付いているのは、あまり格好良くありません。
 最後は一巻き程度残しておくのがミソです。
 それによって、短いコルクが下まで突き抜けずに、
 長いコルクは無理なく抜くことが出来ます。

●レバー部分で引き抜く
 レバー部分と瓶の口は、しっかりと左手で固定しなければなりません。
 ナイフによってスクリューの長さとピッチは違うので、どの程度巻くのかは
 経験と勘が必要です。

●手で持って引き抜く
 最後の5mmほどはコルクを持って静かに引き抜くようにします。
 長いコルクの場合は、ソムリエナイフをもってしても最後までレバーだけで
 引き抜こうとすると曲がってしまったり無理が生じるからです。
 残り5mmくらいは実際にコルクを手で持った方がきれいに抜けるのです。
 瓶の中とが域は若干気圧が違うので、(瓶中の方が少し高い)最後に少し
 減圧する音がします。(この音がしないワインは要注意)
 また、オールドビンテージワインは、コルクが脆くなっているので、
 あまり威勢良く抜くとコルクが壊れてワインに落ちてしまうことがよくあります。
 この全ての作業が終われば、もう一度布で瓶の口を拭き取ります。
 抜いたあとにコルクのチェック(状態と香り)を忘れずに。


nice!(0) 

ソムリエ [ソムリエ]

ソムリエ

ソムリエとは

語源は酒倉の番人という意味がある。

主にワインの知識に関する専門家で、利用客に料理に合った

ワインを勧めたり、相談に乗ることを業務としている。

ヨーロッパのホテルのソムリエは、ワインの知識だけでなく、

料理やバーの知識や技術にも精通している。

(ホテル観光用語事典 http://www.jhs.ac.jp/guide/glossary/


レストランなどで、客がワインを選ぶ際にアドバイス

をするのがソムリエです。各種ワインの特徴と産地、

ワインと料理の組み合わせ方、ワインのサービス、

テイスティング技術などの幅広い知識を身に付けた専門家

として注目されています。

(職業図鑑 http://www.aaaaaa.co.jp/job/


ワインに関する専門的知識をもち、レストランなどで

客の相談に応じてワインを選ぶ手助けをする給仕人。

(三省堂 大辞林 http://www.sanseido.net/




日本のソムリエ資格者
 ソムリエ
     田崎真也
     野田幹子
     船戸陽子

 名誉ソムリエ
     羽田孜 、江川卓、楠田枝里子、川島なお美、辰巳琢郎、市川團十郎、松尾貴史、
     掛布雅之、福島敦子、古賀守、三木谷浩史、さとう宗幸、伊藤真一、みのもんた
     桑田真澄、早見優、東国原英夫
     



nice!(0) 

ソムリナイフとは [ソムリエナイフとは]

ソムリエナイフとは

先ずソムリエとは、レストランで客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをする、ワイン専門の給仕人。

語源はフランス語(Sommelier / 女性Sommeliere:ソムリエール)。

フランスでは国家資格である。

chateau_laguiole_corkscrew_le_rouge_et_le_noir_CCRN-3.jpg



そのソムリエがレストランなどで多く使うことにより、名付けられた。

しかし、このソムリエナイフSommelier Knifeは和製英語で、

英語では waiter's corkscrew、または waiter's friend とも呼ばれる。

ソムリエナイフはコルクスクリューの一種で、

折りたたみ式のポケットナイフのような形状をしたものをいう。


フランスSCIP社製の”Chateau Laguiole”(シャトーラギオール)が

ソムリエナイフの最高峰と言われ、ハンドル部分に水牛の角やメープル等を使用し、

実用性、デザイン性を兼ね備えている。

世界ソムリエ選手権の優勝者が、自分のオリジナルモデルを作り、

日本の田崎真也氏のモデルが有ることでも有名です。



日本のソムリエ資格者(日本ソムリエ協会の認定資格保有者)

  田崎真也
  
  野田幹子
  
  船戸陽子
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。